雑所得で課税対象になるのはどの範囲まで?

Q.私は、専業主婦をやっています。旦那が働いている間、家庭の事はすべてやっておりましたが、そこそこに手際が良い私は時間が余っており、旦那も中小企業に勤めている為、そこまで稼ぎが良くなかったので、余った時間でブログのアフィリエイトやオークション等でお小遣いを稼いでいました。そんな事を数年やっていましたら、元々要領の良い性格が功を奏したのか、お小遣い稼ぎのつもりだった事が、それなりの稼ぎになっており、旦那程とは言わずとも、生計に一役買うくらいの収入を得る程になりました。

ここで質問なのですが、アフィリエイトやオークションで稼いだお金も、雑所得と見なされ、二十万以上の所得があれば、確定申告をしなければいけなくなるのでしょうか?正直、ここまで私独りで稼いだお金を、税金に持って行かれるのは、水を差される思いで納得がいかない部分があります。バイトやパートをして稼いだ訳ではないので、免除されるという訳にはいかないのでしょうか?

A.雑所得とは、一般的な仕事をして得た給与所得や退職所得、銀行・株主等が受ける利子所得、配当所得、その他不動産所得、事業所得、山林所得、譲渡所得のいずれにも該当しない所得の事をいいます。雑所得に該当するものは、公的年金や非営業用賃金の利子、作家や公人等の人以外が受ける印税・講演料・放送料、先物取引や外国為替の所得が挙げられます。

アフィリエイトやオークションの売上金等もこの雑所得に該当する為、収入から必要経費を差し引いた所得金額が20万円を超える場合、確定申告をする義務があります。ただし、質問者様のように専業主婦やっている方の場合、38万円以下であれば確定申告をする必要がありません。なぜなら、所得税法には所得から税金を計算する上で基礎控除というものが発生する為であり、基礎控除は収入から38万円の控除をするからです。

38万円以下の収入であれば、結果所得はゼロ円以下という事になり、税金は掛からない事になるので、結果申告の義務は発生しないという事です。また、オークションの場合、家具や衣類、生活用品を売る事が常になるような事であれば、非課税になります。法律では生活用動産の譲渡所得は非課税という事になっており、オークションで得た収入はこれにあたる場合が多いので免除という事になります。

ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度でやっているつもりが、普通に収入になってしまったなんて事は世間でも多々あるようですが、近年、このような雑所得で申告漏れを指摘されたサラリーマン等が多いそうです。専業主婦をやる傍ら、アフィリエイトやオークションに精を出すのも良いと思いますが、自分が稼いだお金の把握はキチンとしておきましょう。