税金を滞納してしまうと一体どうなってしまうの?

Q.私事なのですが、とても心配で気になっている事があるので、質問します。これまで公共料金や税金等のお支払は滞りなく済ませていたのですが、月初に自動車税の通知が来ていたのに、支払い期限が過ぎてから納付していない事に気付いてしまいました。いつもコンビニ支払いにしていた為、丁度仕事が忙しい時期と税金の納付期限が重なってしまったので、ウッカリとは言え忘れてしまったのです。

このように、支払い期限が過ぎてしまっている自動車税の支払いは何処で支払えば良いのでしょうか?また、このまま支払いを滞納し続けると、どんな事が起きてしまうのでしょうか?自動車税の支払いを忘れてしまうと私は一体どうなってしまうのでしょうか?凄く心配です。

A.自動車税の場合、毎年五月の月初に通知が送付されるようになっており、五月末には税金の支払い期限を設けています。しかし、質問者様のように、コンビニ支払い等、出向いて税金を納めようと思っていると、忘れてしまう事もありますよね。支払い期限が過ぎてしまった税金の支払いは一体どのようにして支払えば良いのでしょうか?

支払い期限が過ぎてしまうと、コンビニでの納税は出来ませんが、ゆうちょ銀行を除いた各金融機関、自動車税務署、各県税事務所まで赴けば、滞りなくお支払いをする事ができます。最初の通知に記載されている期限を過ぎても、支払い場所は限られているものの特に問題無く納税する事が出来るのです。ただし、それでも滞納し続けると大変な事になってしまいます。

自動車税に限らず、税金の支払い期限を過ぎたまま滞納し続けると督促状が届きます。この督促状は最後通告に近いものがあり、督促状の支払い期限を過ぎても滞納していると、課せられた税金に対して延滞料金が掛かるようになります。ようするに、最初に払うべき税金よりも多くの税金が掛かるようになってしまうのです。

その後は、延滞料金が加算された払い込み用紙が届くようになり、それでも支払いを行わないと、対象者の金融機関を差し押さえる事になり、差し押さえ通知が届きます。金融機関の差し押さえを行われた時点で、自動的且つ強制的に口座から自動車税とこれまでの延滞料金が支払われる事になる訳なのですが、不足した場合、あなたの財産でもある自動車まで差し押さえられる事になるのです。

法律では、五年間自動車税を滞納し続けると、強制的に廃車扱いという事になり、公道を走れなくなるのです。そのような事を防ぐ為にも、自動車税に限らず税金の支払いは速やかに済ませましょう。支払い方法が手間に感じるようであれば、クレジットカードやネットの公共料金支払いサイト等が設置してありますから、今後はそのようなものをご利用してみては如何でしょうか。